HOMEレーザー治療で行なえます

歯周病治療もレーザー治療で行なえます

しばらく虫歯を放置していたこともあって、それを治す為に歯医者さんに行きました。
そして診察を受けると、虫歯以上に歯周病が深刻であると告げられてしまいました。
そこで治療方針は、虫歯と歯周病治療の同時進行という形となりました。
虫歯治療もそうなのですが、今の治療って、基本的にレーザー治療なんだそうです。
これによって、あんなにも嫌に思っていた痛みをほとんど感じず、治療はドンドン進められるのだそうです。
また、歯医者で歯周病治療を行ないながら、自宅で行なえる歯周病予防についてもレクチャーを受けました。
改めて教わることとなった正しい歯の磨き方、歯石を残さない歯磨きを実践しながら、今は歯周病治療を受けている途中です。

歯周病治療で歯肉も元気になる

歯周病は加齢から来るものもありますが、大体が歯肉が弱っているとなりやすい物です。
さらに、日々の生活で忙しいと体の弱いところに来てしまいます。
自分の場合は、転職後に過度の仕事のために歯周病となり、現在も歯周病治療をしています。
歯医者にて歯肉の掃除をしていきますが、意外に時間がかかります。
健康な歯肉であれば、掃除した際には痛みもありませんが、歯周病で歯肉が腫れていると治療中は痛みが少しあります。
ですが、治療をしていくことで軽減して行き、さらに虫歯治療をする際にも歯茎からの出血をさほどせずに済みます。
また、歯周病治療をしないとそのうち歯肉が痩せていき、次第に歯が抜けてしまうか虫歯になってしまうケースがありますから、定期的に検診へ行きましょう。

SIDE MENU

このページのトップへ