HOME定期検診後に始めた歯周病治療

定期検診後に始めた歯周病治療

定期検診後に始めた歯周病治療

  1. 半年に一回、かかりつけの歯医者さんから定期検診のお知らせが来るのですが仕事が忙しく中々検診を受ける事が出来ませんでした。
    やっと2年後に検診を受けた所、歯周病である事が分かり、その日から歯周病治療を受ける事になりました。
    患部に麻酔をして、歯の周りに着いていた歯石を削って取り除いたり、全体的なクリーニングを受けました。
    腫れの酷かった歯ぐきも綺麗に引き締まり、歯垢や歯石によって出来た隙間も無くなりました。
    その後は、予防歯科として歯磨きの方法を教わったり、歯周病と虫歯の発生を予防する為に通院しています。
    仕事は忙しいですが、治療で通院するよりも手間が掛からないので、なるべく時間を作って通院するようにしています。

  2. 歯周病治療のための薬を飲んだことがあります

    3か月に一度歯のクリーニングのために、歯科医院に通っています。
    歯石取りと歯のクリーニングが主たる治療です。
    虫歯があるかどうかの検査もしますが、歯周病菌の検査を受診する時もあります。
    歯垢を顕微鏡で検査します。
    パソコンに動画を映写して、歯周病菌の有無を調べます。
    いない事を願っていますが、残念ながらかなり見つかる時があります。
    歯周病治療のために、特殊な抗生物質を5日間連続で服用するように指示されました。
    服用後通院して、再度歯垢検査を受け菌が絶滅しているか確認してもらいます。
    顕微鏡の動画を見ると、確かに菌は消滅していました。
    実際に口の中のネバネバ感はなくなり、さわやかな感覚になっています。
    いつもそのような口臭の少ない清潔な歯の状態を保ちたいと、今でも歯のクリーニングに通っています。

  3. 歯周病治療を受けることになりました。

    差し歯が抜けてしまい、歯医者に行くのが面倒だったので放置していると、歯茎が腫れて痛みが出るようになりました。
    仕方ないので歯医者に行って診てもらうと歯周病と言われました。
    歯周病治療を開始したわけですが、すぐに治るものでもないので長期間通うことになります。
    最初に見てもらった歯科が通院しにくい場所に有ったので、家から割合近くて自転車でも行ける歯科医院へ転院することにしました。
    今そこの歯科医院で治療を受けています。
    地元の歯医者さんなので、家が近い私に愛想良くしてくれるので気に入っています。
    腕も良く歯周病治療も順調に進み、悪かった歯茎はだいぶ元に戻りました。
    虫歯や差し歯の治療も受けたので、綺麗な歯になって喜んでます。

SIDE MENU

このページのトップへ